お知らせ

『ナノエッグ チャリティ・バザール』12月まで期間延長

2017/09/01

 

『ナノエッグ チャリティ・バザール』12月まで期間延長を決定
日本赤十字社を通じ、九州北部豪雨災害義援金として収益を全額寄付

 

ナノエッグの事業活動、ならびに『ナノエッグ チャリティ・バザール』にご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。
この度、第1回『ナノエッグ チャリティ・バザール』の開催期間を12月27日(水)まで延長することとなりました。このチャリティで得られた収益は、当初の計画通り、日本赤十字社を通じて本年7月の「九州北部豪雨災害」義援金として全額寄付する予定です。
義援金の寄付先となる九州北部の被災県では、現在も復興や通常の生活が困難な状況にあります。日本赤十字社では各被災県の人的・物的被害の大きさを考慮し、義援金の受付期間を延ばす運びとなり、併せて当社も本チャリティの期間延長を決定した次第です。
なお、9月以降の期間中は対象商品のラインナップを一部変更し、全10品ご用意しています。引き続き、多くの方のご賛同とご参加を心からお待ちしています。

 

【第1回『ナノエッグ チャリティ・バザール』について】
 ■実施内容:対象商品の販売による収益全額を、日本赤十字社を通じて
 【平成29年7月5日からの大雨災害義援金】として寄付
 ■実施期間:2017年8月19日(土)~12月27日(水)
 ■対象商品:アウトレット品(旧製品)含む、全9品目10品
 ■販売方法:特設サイトにてご注文受付 <特設サイト> nanoegg.jp/78s1/
 ※各品数量限定につき、在庫なくなり次第、販売終了となる場合がございます。

 

【シンボルマークについて】
万物を創造するタマゴ。それは、皮膚科学の領域において柔軟な発想で高度な技術を生みだす、ナノエッグのコーポレートアイデンティティのモチーフです。
『ナノエッグ チャリティ・バザール』のシンボルマークは、そのタマゴの内側にハートを包みこんでいます。そこには、当社の技術や製品を通じて社会や生活者の方々とさらに関わりを深め、皆さまのお役に立ちたいという願いと、当社のCSR活動への真摯な想いが込められています。

 

※下記画像クリックで専用の購入ページが開きます。

ナノエッグ  チャリティ・バザール


ページの先頭へ