お知らせ

「先端医薬・ヘルスケア研究所」を新設、川崎市の先端医療研究拠点「ナノ医療イノベーションセンター」に

2017/04/19

 

弊社は、2017年4月17日、川崎市の先端医療研究拠点「ナノ医療イノベーションセンター」内に「先端医薬・ヘルスケア研究所」を新設しました。

 

川崎市産業振興財団が運営する先端医療の研究拠点「ナノ医療イノベーションセンター」(神奈川県川崎市)内に「先端医薬・ヘルスケア研究所」を新設、これまで聖マリアンナ医科大学にあった研究機関を移転し、2017年4月17日(月)から稼動を開始しました。

 

※画像:先端医薬・ヘルスケア研究所が入るナノ医療イノベーションセンター

 

弊社は、独自の皮膚研究とナノテクノロジーを基盤に、有用性が高く副作用の少ない薬剤を必要なところで効率よく作用させるためにDDS(ドラッグデリバリーシステム)技術にフォーカスした研究開発を推進しています。今回の移転は、研究開発の本格化に伴い設備の充実を図り、新たな研究領域の拡大及び研究開発のスピードを速めることを目的としています。

 

新研究所オープンにあたり、弊社の創設者で代表取締役社長の山口葉子は次のように語っています。
「私は科学者として自身の研究成果の実用化を願い、11年前に起業し、スキンケア化粧品を開発しました。今回は、弊社の目指す『皮膚研究から医療のブレークスルーを。』をより迅速に具現化するため、『先端医薬・ヘルスケア研究所』を設立しました。今後はこの新しい施設で、皮膚疾患に悩む人々の力になれるよう、社員ともども研究開発にまい進します。」

 

〇「先端医薬・ヘルスケア研究所」について
■正式名称:「株式会社ナノエッグ 先端医薬・ヘルスケア研究所」
■所在地:川崎市川崎区殿町3丁目25-14
     ナノ医療イノベーションセンター4階
■電話:044-400-1155

 

【ナノ医療イノベーションセンターとは】
http://iconm.kawasaki-net.ne.jp/
ナノ医療イノベーションセンター(略称:iCONM 英文表記:Innovation Center of NanoMedicine)は、ライフサイエンス分野の拠点形成の核となる先導的な施設として、川崎市の依頼により、公益財団法人川崎市産業振興財団が、事業者兼提案者として国の施策を活用し整備。
産学官が一つ屋根の下に集い、異分野融合体制で、革新的課題の研究及び研究成果の実用化に取り組む施設。


ページの先頭へ