技術開発

ナノカプセル化技術

常識を見直すことから、
ブレークスルーは
生まれる。

ナノエッグのあらゆる事業活動の基盤は、皮膚研究を核とした技術開発です。より有用性が高く副作用の少ない薬剤を、必要なところで効率よく作用させるために、DDS(ドラッグデリバリーシステム)技術にフォーカスした研究を進めています。その両輪となるのが、ナノカプセル化技術と液晶技術。それぞれ世界初のテクノロジーを生み出し、成果をあげています。新しい医療技術の開拓に不可欠なのは、常識にとらわれない発想と不屈の精神、そしてたゆまぬ挑戦。ナノエッグは医学・薬学に加え、物理学などさまざまな領域の知見を融合させながら、人々をより健康で美しく、豊かにするための革新的なテクノロジーを生み出していきます。

ナノカプセル化技術

一般に、粒子径が数10nm(1nm:10億分の1m)ほどの球状製剤をナノカプセルと呼びます。薬物を含む相を合成高分子や天然高分子の皮膜で覆い、局所での薬物の持続的放出や組織標的化を狙うDDS(ドラッグデリバリーシステム)技術です。ナノエッグが開発したナノカプセル化技術は、世界で初めて炭酸塩という無機質コートを採用。薬物包接濃度が99%と極めて高く、生体適合性に優れ、生産上のメリットが高い点が他のカプセル化技術との相違点です。レチノイン酸(ビタミンAの生理活性体)を始めとしたいくつかの成分のナノカプセル化に成功しています。

NANOEGG®(ナノエッグ)

薬剤で球状ミセル(球状分子集合体)を作り、その周囲を無機質と両親媒性のPOE(ポリオキシエチレン)でコートした、ナノカプセル化技術のことを「NANOEGG® (ナノエッグ)」と呼びます。

レチノイン酸は生体内の生理活性物質として知られ、20年以上前よりその特殊な作用が研究されています。

ナノエッグ化されたカプセルの大きさは、用いる薬剤により異なりますが、レチノイン酸の場合は、直径約15~20nmになります。

コートしたPOEが角質の細胞間脂質と馴染みやすく、また、無機質コートによりカプセルが安定化されているため、皮膚にこすり込んでも、カプセルが壊れることなく角質内に浸透しやすくなっています。 一旦入ってしまったカプセルは、自ら角層深部まで拡散していきます。

LIPOACTIVE®(リポアクティブ)

「α-リポ酸(チオクト酸・LA)」をナノカプセル化したエイジングケア成分。カプセル化することにより、角層内への透過性を向上、α-リポ酸の安定性向上が期待されます。

α-リポ酸とは

「α-リポ酸(チオクト酸・LA)」は体内に存在する脂肪酸の一種で、糖分をエネルギーに変えるのに必要不可欠な栄養素であることが知られています。リポアクティブは、ナノカプセル化したエイジングケア成分。

GRAegg®(ジーアールエーエッグ)

グリチルレチン酸(GRA)をナノカプセル化した整肌成分。グリチルレチン酸は、油にしか溶解しない成分で、化粧水等に安定に配合するのが難しい成分でしたが、ナノカプセル化したことで、水にも油にも均一に分散させることができます。 ナノスケール(直径6.5ナノメートル)の無機質コーティングカプセルのため、角層内への透過性を向上しました。

※ 当社比


ページの先頭へ