技術開発

ナノカプセル化技術

常識を見直すことから、
ブレークスルーは
生まれる。

ナノエッグのあらゆる事業活動の基盤は、皮膚研究を核とした技術開発です。より有用性が高く副作用の少ない薬剤を、必要なところで効率よく作用させるために、DDS(ドラッグデリバリーシステム)技術にフォーカスした研究を進めています。その両輪となるのが、ナノカプセル化技術と液晶技術。それぞれ世界初のテクノロジーを生み出し、成果をあげています。新しい医療技術の開拓に不可欠なのは、常識にとらわれない発想と不屈の精神、そしてたゆまぬ挑戦。ナノエッグは医学・薬学に加え、物理学など他領域の知見を融合させながら、人々をより健康で美しく、豊かにするための革新的なテクノロジーを生み出していきます。

ナノカプセル化技術

一般に、粒子径が数10nm(1nm:10億分の1m)ほどの球状製剤をナノカプセルと呼びます。薬物を含む相を合成高分子や天然高分子の皮膜で覆い、局所での薬物の持続的放出や組織標的化を狙うDDS(ドラッグデリバリーシステム)技術です。ナノエッグが開発したナノカプセル化技術は、世界で初めて炭酸塩という無機質コートを採用。薬物包接濃度が99%と極めて高く、生体内での溶解性に加え、生産上のメリットが高い点が他のカプセル化技術との相違点です。皮膚再生の治療薬成分として知られるレチノイン酸(ビタミンAの生理活性体)のナノカプセル化を既に実現していますが、広くアンチエイジングやメタボリックシンドローム関連、将来的には糖尿病や変形性関節症の治療薬の領域への拡大をめざして研究を進めていく計画です。

NANOEGG®(ナノエッグ)

レチノイン酸をナノカプセル化した研究試薬として開発しています。 薬剤で球状ミセル(球状分子集合体)を作り、その周囲を無機質と両親媒性のPOE(ポリオキシエチレン)でコートした、ナノカプセル化技術のことを「NANOEGG® (ナノエッグ)」と呼びます。

最初に用いた薬剤がレチノイン酸(トレチノインと呼ぶ)であることから、NANOEGG® (ナノエッグ)はレチノイン酸のナノカプセルのことを指す場合が多いです。レチノイン酸は、様々な色素沈着(シミ)、しわや尋常性ざ瘡(にきび)に有効ですが、炎症などの副作用も強いため、ナノエッグ化することで、副作用の軽減や、有効性の向上が期待されます。

ナノエッグ化されたカプセルの大きさは、用いる薬剤により異なりますが、レチノイン酸の場合は、直径約15~20nmになります。

コートしたPOEが角質の細胞間脂質と馴染みやすく、また、無機質コートによりカプセルが安定化されているため、皮膚にこすり込んでも、カプセルが壊れることなく角質内に浸透しやすくなっています。 一旦入ってしまったカプセルは、自ら深部まで拡散していきます。

肝斑の治療に用いた症例(東京大学形成外科 吉村浩太朗先生のグループにて実施)
通常のレチノイン酸

肝斑

NANOEGG® (ナノエッグ)を
使用した場合

使用前

4週間後

8週間後

LIPOACTIVE®(リポアクティブ)

高い抗酸化作用(活性酸素の除去)があることで既に知られている「α-リポ酸(チオクト酸・整肌成分)」をナノカプセル化したエイジングケア成分。カプセル化することにより、皮膚内への透過性を向上、α-リポ酸の安定性向上が期待されます。 心まで弾む、若々しい印象の素肌を実感してください。

α-リポ酸とは

体内に存在する脂肪酸の一種で、糖分をエネルギーに変えるのに必要不可欠な栄養素。ビタミンによく似た性質を持っていますが、ビタミンC、Eの約400倍強い抗酸化力があるといわれています。

使用前

16週間後

使用前

16週間後

LIPOACTIVE®(リポアクティブ)配合クリームを16週使用した結果、シワが減少、きめ細やかになる傾向を示しました。

α-リポ酸のナノエッグ
「LIPOACTIVE®(リポアクティブ)」

GRAegg®(ジーアールエーエッグ)

優れた抗炎症効果で知られるグリチルレチン酸(GRA・角質保護成分)をナノカプセル化した整肌成分。グリチルレチン酸は、油にしか溶解しない成分で、化粧水等に安定に配合するのが難しい成分でしたが、ナノエッグ化したことで、水にも油にも均一に分散させることができます。 グリチルレチン酸をナノスケール(直径6.5ナノメートル)の無機質コーティングカプセルにすることで、皮膚内への透過性を向上させました。

※ 当社比

事前に各製剤GRAegg®(ジーアールエーエッグ)3%水溶液、グリチルレチン酸3%水溶液、水の3種類を前腕外側皮膚(一定面積)に塗布。30分後塗布部の角層剥離を行い皮膚を刺激した。剥離直後から経時ごとの血流量を比較した。赤い色が少ないほど、血流量が少なく抗炎症作用が働いていることを示す。


ページの先頭へ