技術開発

液晶技術

液晶技術

液晶とは個体と液体の中間の状態ですが、人体にも液晶構造が存在します。表皮の最も外側にある角質層は、物理的・化学的な影響から肌や身体を守るバリアの役割を担っており、主に角質細胞と細胞間脂質で構成されています。細胞間脂質は水と脂質が交互に重なるサンドイッチのような層を成していますが、この薄い面構造が皮膚における液晶構造(ラメラ構造)です。
ナノエッグは細胞間脂質の液晶構造に着目し、皮膚再生・経皮吸収の向上を追求した外用基剤を開発しました。これも、世界初のナノテクノロジーのひとつです。こうしたDDS技術を応用することで、たとえば注射や透析などで行われている投薬治療を、患者さんの負担がより少ない外用剤に置き換えるなど、次世代の医療へ向けた研究を進めています。

NANOCUBE®(ナノキューブ)

肌が生まれ変わるサイクルをコントロールするスキンホメオスタシス。これは、本来人が持っている機能です。NANOCUBE®(ナノキューブ)はこのスキンホメオスタシスに働きかけるジェル状整肌成分。最新の皮膚科学研究から、細胞間脂質という皮膚が持っている構造に着目し、一時的に構造を揺るがすことにより、肌にスイッチを入れる。まったく新しい考えです。肌の奥(角質層)まで浸透し、ヒアルロン酸やコラーゲンを自ら産生することで、内側から素肌を整えます。

NANOCUBE®(ナノキューブ)を塗ると整然と並んだ細胞問脂質がバラバラになったり、別の構造になったりしますが、肌の力ですぐ戻ります。この刺激で肌の新陳代謝が活発化します。

L*:肌の明度を表す指標。数値が大きいほど肌が明るい。

NANOCUBE®(ナノキューブ)の特性

健康な肌の細胞間脂質は、非常に硬いラメラと呼ばれる特徴的な構造をしています。例えば、人がお風呂に入っても、簡単に水が浸透して膨れ上がらないのは、細胞間脂質が重要な働きをしているからです。 しかし、ほんの一瞬でも薬が入る通り道を作ることができたら、様々な薬をニードルレス(針を使わずに投与できる)にすることが可能になるかもしれません。
NANOCUBE®(ナノキューブ)は、細胞間脂質の構造を、瞬間的に変えることができる基剤です。DDS医薬品、医薬部外品、化粧品として幅広い応用の可能性があります。

MOISTURECUBE®(モイスチャーキューブ)

本来の皮膚の保湿は、細胞間脂質も担っていることが重要です。細胞間脂質の持つ特徴的ユニットの大きさ13~14nmと同じサイズを持つジェルがMOISTURECUBE®(モイスチャーキューブ)です。優れた保湿作用によりエイジングサインの元になる「乾燥」に長時間働きかけ、肌を内側からふっくらとさせます。

MOISTURECUBE®(モイスチャーキューブ)配合クリームを1ヵ月間使用した結果、シワが減少、きめ細やかになる傾向を示した。

MOISTURECUBE®(モイスチャーキューブ)水溶液は他の保湿剤(ヒアルロン酸、セラミド)より有意に高い角質水分量を示しました。4時間後でも顕著に高い保湿効果が確認されました。

MOISTURECUBE®(モイスチャーキューブ)の特性

細胞間脂質と類似した構造のため、保湿機能が高く、肌になじみやすいのが特徴です。皮膚の状態の持続的な改善を促します。また、処方が組みやすい性質で、化粧品、医薬部外品、医薬品原料としてさまざまな処方での配合が可能です。

HAIRCARECUBE®(ヘアケアキューブ)

HAIRCARECUBE®(ヘアケアキューブ)は、キューティクルをはがさず髪の深部へ染料や栄養成分の浸透を促す技術。髪の美しい光沢を生むキューティクルを傷めずにコルテックス(キューティクルの内側にある、本来は髪の色素が存在する部分)へ色素や栄養成分の浸透を促すため、内側からハリ・コシのある若々しい印象の髪へ導き、髪本来の美しさを高めます。

HAIRCARECUBE®(ヘアケアキューブ)の特性

酸・アルカリどちらでも安定、水相にも油相にも分散溶解します。毛髪に対する効果が認められ、染毛剤やトリートメントへの応用が期待できます。


ページの先頭へ